練馬区 中村橋駅 皮膚科 一般皮膚科 美容皮膚科 アトピー性皮膚炎 ニキビ じんましん みずむし いぼ ニキビ しみ ほくろ ピーリング フォトシルク

斉藤皮膚科

043-5241-8131
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-1-4-3F
043-5241-8631

西武池袋線「中村橋駅」北口徒歩1分

FAQ
Frequently Asked Questions

よくいただくご質問について

Q. アトピステロイーの治療でステロイド外用剤は使わなければいけませんか?

A. ステロイドについては多くの誤解があるようですが、今まであまりに安易に使われ過ぎてきたのも事実かと思われます。難病にステロイドを飲ませて治す治療法がありますが、症状が消えてステロイドを減らすときは慎重に、時間をかけておこないます。
それに比べてステロイドの外用剤は町の薬屋さんで売られているくらいで、患者さんがあまりに気軽に塗ったり塗らなかったりを繰り返し、薬剤の管理が甘すぎることが副作用の原因になっていると思われます。
一般的に当院では必要に応じてですが、最初の一週間ほどステロイド剤を十分な量外用してもらい、かゆみや赤みを消してもらいま す。ただし、それで治療が終わったわけではなく、さらに引き続き、弱い外用剤を一週間ほど使用してもらい、様子をみながら、塗る回数を引きのばしてゆきます。
最終的にスキンケア薬でその後、半年から一年を通じて肌質を改善させてもらうことで初めてアトピー治療に結びつけます。最初のス テロイドの薬はただかゆみを一時的に消すだけですので、ステロイドでアトピーを治すという言葉は正確ではありません。湿疹のくすりからスキンケアのくすりへと変化させてゆく、その一連の過程そのものに治療効果があるということに着目してください。
したがって最初に塗る量、回数、塗る期日を必ず確認してください。 どうか薬を二三日塗っただけで勝手に治療を中止してしまい、不必要なかゆみで悩んだり、お子さんを苦しめたりだけはしないでください。


Q. 赤ちゃんのおなかや手のひらに赤いぽつぽつが出て薬を塗っても治りません

A. 単なる湿疹でない場合があります。
よく誤診してしまうのですが、疥癬というダニによる病気や、カビ、膠原病、肥満細胞腫、組織球症など血液の病気の時もありますので診察を受けてください。


Q. フォトシルク光治療は本当のところ何回くらい施術が必要でしょうか?

A. 皮膚の表面にメラニンが多量にある場合、一回では取りきれません。 強く照射し過ぎれば効果は高いですが痛みも強く、かさぶたになることがありますので初回は慎重に照射せざるを得ません。初めての照射で強いエネルギーで照射しすぎてあまりに熱いのと黒い点が多量に出ることに驚いてしまう患者さんもいます。
二回目より様子を見ながらパワーを上げてゆき、かるく赤黒い焦げ跡が少しできる程度が良い反応と思われます。回数は個人差がありますが、三回ですっかり赤みや茶色いしみが消え、非常に満足された方も多いです。だいたい四、五回くらいでしみについての満足度が高いです。

pagetop